神の系譜

↑


中心神

出雲の神々の中で、系譜全体を考えるのに中心にして考えた方がよい神が何柱かあります。それをまず押さえておきましょう。

神魂神かもすかみ。神産霊神(かみむすびのかみ)とも呼ばれ、神々を「むすぶ」根源神であり、出雲の最高神
須佐之男神すさのおのかみ。出雲の神々の始源神で、出雲のほとんどの神はこの神の子孫として説かれている。高天原の主宰神である天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟で、ヤマタノオロチを退治した。
大国主神おおくにぬしのかみ。「だいこくさま」の名前で親しまれている。出雲の主宰神。因幡の白兎のエピソードなどは有名。
大年神おおとしのかみ。農業の神、豊年をもたらす神であり、毎年節分が終わって立春になった時、その年の恵方からやってくるとして全国的に信仰されている。
熊野神くまののかみ。一般に「熊野」といえば和歌山県の熊野三山が有名だが、その根本はこの地である。出雲西部を支配していた意宇(おう)一族が信奉していた神。
杵築神きつきのかみ。出雲東部を支配していた出雲振根一族が信奉していた神。この神を祭った神社が出雲大社の原形ともいわれる。

須佐之男神の系図

大国主神の系図

大年神の系図

(後日加筆予定)

↑


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから