こよみの読み方(68)下段(2)



こよみの読み方(68)下段(2)

■母倉日(ぼそうにち)

母が子を慈しむように天が人を守ってくれる、ということで吉日です。
配布は節月単位で、次のように割り当てられます。

守ってくれる、ということで吉日です。  配布は節月単位で、次のように割り当てられます。
       母倉日
正月(立春〜) 子・亥
2月(啓蟄〜) 子・亥
3月(清明〜) 巳・午
4月(立夏〜) 寅・卯
5月(芒種〜) 寅・卯
6月(小暑〜) 巳・午
7月(立秋〜) 丑辰未戌
8月(白露〜) 丑辰未戌
9月(寒露〜) 巳・午
10月(立冬〜) 申・辰
11月(大雪〜) 申・辰
12月(小寒〜) 巳・午
■月徳日(つきとくにち,がっとくにち)

強い吉神でいろいろな方面に吉作用を発揮しますが、家の増改築、土に関することに関して特に吉ともいわれます。

      月徳日
正月(立春〜) 丙
2月(啓蟄〜) 甲
3月(清明〜) 壬
4月(立夏〜) 庚
5月(芒種〜) 丙
6月(小暑〜) 甲
7月(立秋〜) 壬
8月(白露〜) 庚
9月(寒露〜) 丙
10月(立冬〜) 甲
11月(大雪〜) 壬
12月(小寒〜) 庚
なお、これは方位への配置もあり、配置は日への配置と全く同じです。これは第50回目にも取り上げました。

(2000.02.18)
(2021.12.31 フォーム改訂)