こよみの読み方(62)選日(3)



八専

実は選日で通常最初に取り上げられるのが八専なのですが、話がややこしいので、後回しにしていました。

まずは例の十干十二支の組合せ表を見て下さい。
No干支干支
 1甲子木水
 2乙丑木土
 3丙寅火木
 4丁卯火木
 5戊辰土土
 6己巳土火
 7庚午金火
 8辛未金土
 9壬申水金
10癸酉水金
11甲戌木土
12乙亥木水
13丙子火水
14丁丑火土
15戊寅土木
16己卯土木
17庚辰金土
18辛巳金火
19壬午水火
20癸未水土
21甲申木金
22乙酉木金
23丙戌火土
24丁亥火水
25戊子土水
26己丑土土
27庚寅金木
28辛卯金木
29壬辰水土
30癸巳水火
31甲午木火
32乙未木土
33丙申火金
34丁酉火金
35戊戌土土
36己亥土水
37庚子金水
38辛丑金土
39壬寅水木
40癸卯水木
41甲辰木土
42乙巳木火
43丙午火火
44丁未火土
45戊申土金
46己酉土金
47庚戌金土
48辛亥金水
49壬子水水●
50癸丑水土
51甲寅木木●
52乙卯木木●
53丙辰火土
54丁巳火火●
55戊午土火
56己未土土●
57庚申金金●
58辛酉金金●
59壬戌水土
60癸亥水水●
ここで、今回は干支にそれぞれ五行を添付しました。

すると、ここで気づくこととして、49壬子から60癸亥までの間にやたらと、十干と十二支の五行が重なっている日が目立つことです。そこで、この期間を特別な時期と考えることにしました。

この12日間に五行が重なる日は8日あるため、これを八専といいます。
この期間で重なっていない日(癸丑・丙辰・戊午・壬戌)を八専の間日といいます。

そして、暦には壬子の日に「八専始め」、癸亥の日に「八専終り」と書かれています。

八専は最初、軍事上の出陣によくない日とされましたが、後には庶民に浸透して万事凶日とみなされるようになりました。ただし建設的なことには吉日とされました。なお八専の各日には次のような別名もあります。
49壬子 水 炎魔天歓喜会
51甲寅 木 地天歓喜会
52乙卯 木 水天般若会
54丁巳 火 火天諸天会
56己未 土 羅刹天下動会
57庚申 金 風天歓喜仁王会
58辛酉 金 吉祥天豊楽会
60癸亥 水 多聞天成仏会
(1999.11.19)
(2021.12.31 フォーム改訂)