こよみの読み方(56)縁日(4)

←↑→ ↑

甲子日 だいこく様。年に6回か7回ある甲子の日が縁日。11月や1月に 来た場合を特に重んじます。だいこく様はインド起源の大黒天と 日本の大国主神が習合したものです。福の神、農業の神。七福神に も数えられています。詳しくは下記をごらん下さい。
大黒天 : http://member.nifty.ne.jp/anecs/spirit/tera/hotote/daikoku.htm 大国主 : http://member.nifty.ne.jp/anecs/spirit/zinzya/kami/ookuninusi.htm

寅の日 毘沙門天。1月・5月・9月の最初の寅の日が縁日。毘沙門天は 仏教の四天王のひとつで、別名多聞天。七福神にも数えられていま す。詳しくは下記をごらん下さい。
http://member.nifty.ne.jp/anecs/spirit/tera/hotote/sitenno.htm

巳の日 弁天様。毎月巳の日を縁日としますが、特に年に6回か7回ある己 巳の日が重要。弁天様(弁才天・弁財天)はインドのサラスヴァティ が日本で市杵島姫命(宗像三女神の一人)と習合したものです。詳し くは下記をごらん下さい。
弁才天 : http://member.nifty.ne.jp/anecs/spirit/tera/hotote/benzai.htm 宗像神 : http://member.nifty.ne.jp/anecs/spirit/zinzya/kami/munakata.htm

亥の日 摩利子天。いのししに乗っているので、毎月亥の日が縁日。摩利子 天はインド起源の陽炎(かげろう)の女神。悪霊・邪鬼などから身 を隠すための摩利子天の秘法は古くから知られています。勝負事に ごりやくがあるとされ、スポーツ選手や芸能人また水商売などの人 に古くから信仰されています。

午の日 稲荷。稲荷は農業の神、商売繁盛の神、家内安全の神、として平安 時代から全国的に広く信仰されてきました。その中心は京都の伏見 稲荷です。詳しくは下記をごらん下さい。
稲荷神社 : http://member.nifty.ne.jp/anecs/spirit/zinzya/miya/inari.htm


←↑→
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから