こよみの読み方(43) 王相

←↑→ ↑

さて方違えの対象とする神の内、最後のものに行きましょう。王相ですが、 これは現代でも四柱推命や断易などをなさる方にはおなじみの概念ですね。
これは五行の王(旺)と相のことです。

基本的な話として五行と四季・四方には次のような対応があります。

木………春………東 火………夏………南 土………土用……中央 金………秋………西 水………冬………北

そこで五行思想では春には木気が活性化して王になり、夏には火気が活性化 して王になる、というよう考えます。相というのは次に活性化しつつある状 態でもう少ししたら王になるものを言います。基本的には五行の王相・八卦 の王相・十二支の王相というものが考えられますが、平安時代に問題にされ たのはこのうち八卦の王相で、次のようになっています。

艮(NE) 震(E) 巽(SE) 離(S) 坤(SW) 兌(W) 乾(NW) 坎(N) 立春〜春分 王 相 胎 没 死 囚 廃 休 春分〜立夏 休 王 相 胎 没 死 囚 廃 立夏〜夏至 廃 休 王 相 胎 没 死 囚 夏至〜立秋 囚 廃 休 王 相 胎 没 死 立秋〜秋分 死 囚 廃 休 王 相 胎 没 秋分〜立冬 没 死 囚 廃 休 王 相 胎 立冬〜冬至 胎 没 死 囚 廃 休 王 相 冬至〜立春 相 胎 没 死 囚 廃 休 王

()内には八卦に対応する八方位を表示しました。この内方違えの対象とされ たのは王と相が来るところです。その方位ではこの王相の神?の勢いが強す ぎるため避けるべきであるとされた訳です。胎〜休に当たる方位は勢いが弱 いため問題無しとされました。

なお、方違えとは関係ありませんが、参考までに五行の王相と十二支の王相 (十二運)も書いておきます。

木気 火気 土気 金気 水気 春 王 相 死 囚 休 夏 休 王 相 死 囚 土用 囚 休 王 相 死 秋 死 囚 休 王 相 冬 相 死 囚 休 王

木気 火気 金気 水気 子月 沐浴 胎 死 (帝)旺 丑月 冠帯 養 墓 衰 寅月 建禄 (長)生 絶 病 卯月 (帝)旺 沐浴 胎 死 辰月 衰 冠帯 養 墓 巳月 病 建禄 (長)生 絶 午月 死 (帝)旺 沐浴 胎 未月 墓 衰 冠帯 養 申月 絶 病 建禄 (長)生 酉月 胎 死 (帝)旺 沐浴 戌月 養 墓 衰 冠帯 亥月 (長)生 絶 病 建禄


←↑→
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから