「丑三つ時」で「丑三刻」のこと。つまり午前2時である。

←↑→ ↑
こよみの読み方(34)時刻について・更に付記

昔の時刻関連の言葉をもう少し書いてみます。

「正午」という言葉は「午の刻」ジャストであるということを表しています。
「午前」「午後」はそこからの派生です。

「おやつ」というのは「8つ時」つまり午後2時頃に食べるものであること を表しています。

「うしみつどき」というのは少し説が分かれるようです。

■「丑三つ時」で「丑三刻」のこと。つまり午前2時である。
■「丑満つ時」で「丑の刻」の中心。つまり午前2時である。

まぁ結果的には同じ事になります。

それからなぜ9から始めて1ずつ減らしていくかについては私はまだ納得の 行く説明を聞いたことがないように思います。幾つか聞いたものでは....

■掛け算説

最初「陽の極数」つまり最大奇数の9を取る。
次の刻はこの2倍と考えるので9×2=18。十の位は省略して8。
次の刻はこの3倍と考えるので9×3=27。十の位は省略して7。
次の刻はこの4倍と考えるので9×4=36。十の位は省略して6。
次の刻はこの5倍と考えるので9×5=45。十の位は省略して5。
次の刻はこの6倍と考えるので9×6=54。十の位は省略して4。

■日出日没起点説 日出・日没が1日の時刻の重要な基点なので、それに相当する卯の刻・酉の 刻を基準起点として、そこまで何刻あるかを言う。亥の刻なら子・丑・寅・ 卯と4刻あるから4つ、戌の刻なら同様にして5つになる。

といったものです。いづれもどうも不自然さが漂っています。


←↑→
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから