こよみの読み方(33)時刻について・付記



こよみの読み方(33)時刻について・付記

昨日の最後に書いた時刻について、もう少し蛇足を付けます。

基本的に日本の時刻制度は天智天皇の時代以降は「定時法」、すなわち1日を幾つかに等分した時刻体系を公式のものとしていましたが、時計のない所では便宜的に「不定時法」つまり朝から夕までと夕から次の朝までをそれぞれ等分した時刻体系が使用されていた場合もあります。そして江戸時代には逆に不定時法の方を公式に使用していました。不定時法において、その朝と夕との区切りをどこに取るかについては時代によってバリエーションがあります。幾つかあげますと

・日出・日入で切る方法(中世)
・日出36分前、日入36分後で切る方法(江戸初期)
・太陽の俯角が7度21分40秒の所で切る方法(江戸中期以降)

となります。しかしこのような決め方はあくまで高度な技術をもった中核都市での運用であって、地方では大雑把な運用がなされていた場合もあります。

しかし定時法にしても不定時法にしても1日は12分割され、それに子から亥までの名前を付けて呼ぶ方法はかなり古くから定着していたようです。それぞれを「子の刻」「丑の刻」などと呼んでいた訳ですが、これだけではさすがに大雑把すぎますので、これを細分化する呼び方で使用されていました。

それは「子の刻」や「丑の刻」などをそれぞれ4分割して初刻・二刻・三刻・四刻と呼び、その刻を更に10分割して1分(ぶ)から9分(ぶ)までを起こしていました。 0分の場合は「分」を付けません。

結果、簡単のため定時法で言えば「刻」は1日の48分の1ですから現在の30分に相当し、「分(ぶ)」はその10分の1ですから現在の3分(ぷん)に相当します。この換算方法で昔の時刻の言い方と現在の言い方を並べると次のようになります。
丑初刻     1:00
丑初刻1分 1:03
丑初刻2分 1:06
・・・・・・・・
丑初刻9分 1:27
丑2刻     1:30
丑2刻1分 1:33
・・・・・・・・
丑4刻9分 2:57
寅初刻     3:00
※上記は延喜式に定められたものですが、文献によっては1日50刻方式や1日100刻方式が使用されている例もあるそうです。また分(ぶ)も刻を6分割した方式で記録されているものもあるそうです。またそもそも定時法と不定時法とが並行して存在していましたので、古い時代の文献に記録された時刻を現代流の時刻に換算するのは一筋縄では行かないことがあるようです。

■「○っつ」という言い方

時代劇などで「明け六つの鐘」「暮れ六つの鐘」などという言葉が出てきます。この「○っつ」という言い方は子の刻の真ん中と午の刻の真ん中、つまりAM12 :00とPM12:00をそれぞれ「9つ」として、そのあと逆に数えて行ったものです。つまり定時法の場合で十二支の言い方と現代時刻とを並べて一覧表にすると次のようになります。
子3刻 9つ    0:00
丑初刻 9つ半  1:00
丑3刻 8つ    2:00
寅初刻 8つ半  3:00
寅3刻 7つ    4:00
卯初刻 7つ半  5:00
卯3刻 6つ    6:00
辰初刻 6つ半  7:00
辰3刻 5つ    8:00
巳初刻 5つ半  9:00
巳3刻 4つ   10:00
午初刻 4つ半 11:00
午3刻 9つ   12:00
未初刻 9つ半 13:00
未3刻 8つ   14:00
申初刻 8つ半 15:00
申3刻 7つ   16:00
酉初刻 7つ半 17:00
酉3刻 6つ   18:00
戌初刻 6つ半 19:00
戌3刻 5つ   20:00
亥初刻 5つ半 21:00
亥3刻 4つ   22:00
子初刻 4つ半 23:00
不定時法の場合は現代時刻との対応部分が少々ずれます。

■時計について

上の説明で簡単に「時計」と書いたのですが、天智天皇の時代に作られた時計は「漏刻」と呼ばれるもので、上の容器から下の容器に水を流してその流入量によって時を知る「水時計」です。これを管理していたのは陰陽師たちで、当番で水時計を管理し、一定の目盛に来たところで太鼓と鐘を鳴らしていました。この時の太鼓の数が実は上にあげた「○っつ」 だった訳です。
(鐘は刻の数)

この時計を監視して太鼓・鐘を鳴らす役は大任で、万一居眠りして打ち忘れたりしたような場合の罰は厳しいものだったようです。1回忘れたら10日間謹慎、2回忘れたら職務停止、3回忘れたら上殿禁止、といった記録も残っています。

時計にはこの他日時計(棒の影の長さによる)・香時計(線香の燃えた長さによる)などがあり、江戸時代からは西洋式の機械時計も使用されています。
また「とけい」という言葉は元は土の上に出来た棒の影を読む日時計の意味で「土計」だったのが日時計以外にも使用されるようになり「時計」という文字が当てられるようになったとも言われます。

そういえば「時計」を「とけい」と読むのは無茶な読み方です。

(1997/05/05)
(1999.07.14)
(2021.12.31 フォーム改訂)