こよみの読み方(30)月の九星



さて次に月の九星に行きます。

月の九星も年の九星と同様「陰遁」のみです。先月が四緑木星なら今月は三碧木星で来月は二黒土星です。

九星術では一般に月の九星は「節月」で取ります。陰暦の月では取りませんので閏月の問題は起きません。今月でしたら7日の小暑から六月節で三碧木星に入ります。来月は8日の立秋から七月節で二黒土星です。

九星と十二支は9と12の最小公倍数の36ヶ月つまり3年の周期で一致し、九星と十干十二支は9と10と12の最小公倍数180ヶ月つまり15年の周期で一致します。その月の九星を求める早見表を下にあげます。月は節月です。

年の
十二支→
子卯
午酉
丑辰
未戌
寅巳
申亥
正月(立春)八白五黄二黒
2月(啓蟄)七赤四緑一白
3月(清明)六白三碧九紫
4月(立夏)五黄二黒八白
5月(芒種)四緑一白七赤
6月(小暑)三碧九紫六白
7月(立秋)二黒八白五黄
8月(白露)一白七赤四緑
9月(寒露)九紫六白三碧
10月(立冬)八白五黄二黒
11月(大雪)七赤四緑一白
12月(小寒)六白三碧九紫

※この表の見方: 例えば2022年は寅年なので立夏から始まる節月は八白土星になる。これは5月5日〜6月5日の期間に対応する。

(1997/05/04)
(1999.07.05)
(2021.12.31 表改訂)