こよみの読み方(19)十二直



十二直は一般に運勢暦の中段に書かれるため、単に「中段」とも呼ばれます。

十二直は節月と日の十二支によって定められます。これは早見表を提示しましょう。

日→ 子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥
1月 開 閉 建 除 満 平 定 執 破 危 成 納
2月 納 開 閉 建 除 満 平 定 執 破 危 成
3月 成 納 開 閉 建 除 満 平 定 執 破 危
4月 危 成 納 開 閉 建 除 満 平 定 執 破
5月 破 危 成 納 開 閉 建 除 満 平 定 執
6月 執 破 危 成 納 開 閉 建 除 満 平 定
7月 定 執 破 危 成 納 開 閉 建 除 満 平
8月 平 定 執 破 危 成 納 開 閉 建 除 満
9月 満 平 定 執 破 危 成 納 開 閉 建 除
10月 除 満 平 定 執 破 危 成 納 開 閉 建
11月 建 除 満 平 定 執 破 危 成 納 開 閉
12月 閉 建 除 満 平 定 執 破 危 成 納 開

たとえば、今年の5月19日は4月節で未の日ですから、上記の早見表から十二直は満になります。

十二直の読み方と俗説による意味を書いておきます。

建 たつ 建てる日。最吉日。祭祀、結婚、移転、旅行吉。蔵開、動土凶。
除 のぞく 障害を取り除く吉日。治療開始、井戸掘り等吉。結婚、動土凶。
満 みつ 全て満たされる吉日。新規の物事、移転、結婚などに吉。
平 たいら 物事が平らかになる吉日。旅行、結婚など吉。穴掘りは凶。
定 さだん 善悪が定まる日。開店、結婚、移転など吉。旅行、訴訟は凶。
執 とる 執り行う日。祭祀、祝い事、造作吉。金銭の出入は凶。
破 やぶる 物事を突破する日。訴訟は吉。祝い事は凶。
危 あやぶ 物事を危惧する日。万事控えめに。
成 なる 物事が成就する日。建築、開店、新規事業なと吉。訴訟凶。
納 おさん 物事を納め入れる日。収穫、商品購入は吉。結婚、見合凶。
開 ひらく 開き通じる日。建築、移転、結婚、など吉。葬儀凶。
閉 とづ 閉じ止める日。金銭収納、建墓、など吉。結婚、開店凶。

十二直は飛鳥時代から重視されていた暦注ですが、明治以降は六曜を重視する人が多くなり、あまり顧みられなくなりました。

なお、日取りを決める時にいろいろな暦注がついていて悩む人がいますが、一般に「暦は縦に読むな、横に読め」といいます。

つまり、六曜、十二直、二十八宿などいろいろなものが全て吉になる日を探そうとすると、なかなか都合のいい日は見つかりません。むしろ自分は六曜だけを見るのだ、とか十二直だけを見るのだ、と決めておいて、そこの段だけを見て、ほかは具体的・物理的都合などで日取りを決めた方がよいのです。

暦にとらわれすぎることは、百害あって一利無しです。暦の吉凶というのは、何日か候補があって、どれでもいいような場合に決める手段として使うというのが、一番よい使い方でしょう。

(1997/03/18)
(1999.05.18)
(2021.12.31 表組調整)