こよみの読み方(16)月が消えてしまう空間分割法

←↑→ ↑

ここで紹介している二十四節気の区切り方は、太陽の黄経を利用しています ので、いわば「空間分割法」(定気という)です。これに対して、純粋に1年 の時間の長さを24等分する「時間分割法」(恒気という)もあります。

現在、多くの業者が発行している暦に記載されている「旧暦」は定気を採用 した天保暦に準じています。しかし以前にも述べたように天保暦の前に使用 されていた寛政暦では恒気を使っていました。

どちらが優秀かというと、暦の研究家の99%は「恒気」が優秀であると言う でしょう。天保暦は何を思ったか、定気という馬鹿な方法を取ったために、 季節と月名のずれを大きくしてしまいました。

1998年の場合は前回見たようにしてうまい具合に本来6月中気である大暑が 6月に、7月中気である処暑がちゃんと7月に入っていますが、いつもこう うまく行くとは限りません。例えば1813年後半にこの暦法を適用したらこう なってしまいます。

  新月         中気
  1813年 8月26日10h   9月23日20h秋分 8月           [8]
     9月24日23h           9月           [9]
    10月24日15h  10月24日 4h霜降 10月(霜降は本来は9月中)[10]
    11月23日 9h  11月23日 0h小雪   (小雪は本来は10月中)
            12月22日13h冬至 11月           [11]
    12月23日 4h   1月20日23h大寒 12月           [閏11]
     1月21日23h   2月19日14h雨水 1月           [12]
     2月20日16h   3月21日14h春分 2月           [1]
     3月22日 6h          閏2月           [2]
         4月20日17h   4月21日 3h穀雨 3月           [3]
         5月20日 1h   5月22日 4h小満 4月           [4]
         6月18日 9h   6月22日12h夏至 5月           [5]
この年は中気が飛ぶ月、2つ入っている月が入り乱れています。ただし実際に はこの時は寛政暦の時代でしたので、当時は右側に[]書きした月名が実施さ れていました。現在の暦と同様の天保暦は1844年から行われています。ただし その元になる日本の標準時は、1887年(明治20)までが京都標準時、1888年以降 は明石標準時を使用します。

そして更にです。これはFFORTEのSYSOPの北斗柄さんから教えて頂いたのです が、2033年には、とんでもないことが起きます。月が消えてしまうのです!!

新月                   中気
2032年12月 3日 5時54分 12.21 17h冬至  [11]
2033年 1月 1日19時19分  1.20  4h大寒  [12]
2033年 1月31日 7時 2分  2.18 18h雨水  [ 1]
2033年 3月 1日17時25分  3.20 16h春分 [ 2]
2033年 3月31日 2時53分  4.20  3h穀雨  [ 3]
2033年 4月29日11時48分  5.21  2h小満  [ 4]
2033年 5月28日20時39分  6.21 10h夏至  [ 5]
2033年 6月27日 6時 9分  7.22 21h大暑  [ 6]
2033年 7月26日17時14分  8.23  4h処暑  [ 7]
2033年 8月25日 6時41分               [閏7]
2033年 9月23日22時41分  9.23  2h秋分  [ 8]
2033年10月23日16時30分 10.23 11h霜降
2033年11月22日10時40分 11.22  9h小雪>
                       12.21 23h冬至  [11]
2033年12月22日 3時48分
2034年 1月20日19時 3分  1.20  9h大寒
                        2.18 24h雨水
2034年 2月19日 8時12分
2034年 3月20日19時16分  3.20 22h春分  [ 2]
2034年 4月19日 4時28分  4.20  9h穀雨  [ 3]
2034年 5月18日12時15分  5.21  8h小満  [ 4]
2034年 6月16日19時28分  6.21 16h夏至  [ 5]
2034年 7月16日 3時18分  7.23  3h大暑  [ 6]
2034年 8月14日12時55分  8.23 10h処暑  [ 7]
2034年 9月13日 1時16分  9.23  8h秋分  [ 8]
ここで、2033年9月23日から始まる月は秋分を含んでいるので8月です。そし て、2033年11月22日から始まる月は冬至を含んでいるので11月です。さて、 それでは、2033年10月23日から始まる月は何月にすればよいのでしょう?? これを9月にすると10月がなくなります。これを10月にすると9月がなくなり ます。

2033年は更に、上記に見るように、11月と2月の間にも月が3つあるので閏 月を発生させなければならないのですが、中気を含まない月が2つあって どちらを閏月にすべきか、明確ではありません。

このような問題は二十四節気を定気(空間分割)で定めるから起きるのであ って、恒気(時間分割)にすれば、まず生じないことです。

絶対、二十四節気は恒気に戻すべきだと思います。なお、2033年を恒気で 処理すると次のようになり、全然問題がありません。

新月                   中気
2032年12月 3日 5時54分 12.21 16:51冬至  [11]
2033年 1月 1日19時19分  1.21  3:19大寒  [12]
2033年 1月31日 7時 2分  2.20 13:48雨水  [ 1]
2033年 3月 1日17時25分  3.23  0:17春分 [ 2]
2033年 3月31日 2時53分  4.22 10:46穀雨  [ 3]
2033年 4月29日11時48分  5.22 21:15小満  [ 4]
2033年 5月28日20時39分  6.22  7:44夏至  [ 5]
2033年 6月27日 6時 9分  7.22 18:12大暑  [ 6]
2033年 7月26日17時14分  8.22  4:41処暑  [ 7]
2033年 8月25日 6時41分  9.21 15:10秋分  [ 8]
2033年 9月23日22時41分 10.22  1:39霜降  [ 9]
2033年10月23日16時30分 11.21 12:08小雪  [10]
2033年11月22日10時40分 12.21 22:37冬至  [11]
2033年12月22日 3時48分                [閏11]
2034年 1月20日19時 3分  1.21  9:05大寒  [12]
2034年 2月19日 8時12分  2.20 19:34雨水  [ 1]
2034年 3月20日19時16分  3.23  6:03春分  [ 2]
2034年 4月19日 4時28分  4.22 16:32穀雨  [ 3]
2034年 5月18日12時15分  5.23  3:01小満  [ 4]
2034年 6月16日19時28分  6.22 13:30夏至  [ 5]
2034年 7月16日 3時18分  7.22 23:59大暑  [ 6]
2034年 8月14日12時55分  8.22 10:28処暑  [ 7]
2034年 9月13日 1時16分  9.21 20:57秋分  [ 8]

←↑→
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから