こよみの読み方(14)二十四節気



さて現在日本で一般的に行われている暦というのは何種類あるでしょうか?

新暦(太陽暦)と旧暦(太陰太陽暦)と中暦(新暦の月遅れ)は既に出てきました。しかし、実はここにもう一つ大事な暦が動いています。それは節月というものです。

古来使用されていた太陰太陽暦は月の動きを中心にとらえている為、季節とのずれが毎年ひどく、漁業にはよくても農業には全く不便でした。そのため日本では、完全に太陽の動きだけに基づいて計算される太陽暦も古来併用されていました。

この太陽暦にもとづく月を節月といいます。1年は12の節気からなりますが、節月の始まり(節気)と中間点(中気)の合計24ポイントをとって、通常「二十四節気」と呼びます。

【二十四節気のリスト】
下記で日付は2022年2月から2023年1月に掛けての場合です(日付は毎年違います)

太陽黄経二十四節気2022年座宮月将
315度立春(1月節) 2.04  
330度雨水(1月中) 2.19亥月将
345度啓蟄(2月節) 3.05
0度春分(2月中) 3.21牡羊戌月将
15度清明(3月節) 4.05
30度穀雨(3月中) 4.20牡牛酉月将
45度立夏(4月節) 5.05
60度小満(4月中) 5.21双子申月将
75度芒種(5月節) 6.06
90度夏至(5月中) 6.21羊月将
105度小暑(6月節) 7.07
120度大暑(6月中) 7.23獅子午月将
135度立秋(7月節) 8.07  
150度処暑(7月中) 8.23乙女巳月将
165度白露(8月節) 9.08
180度秋分(8月中) 9.23天秤辰月将
195度寒露(9月節)10.08
210度霜降(9月中)10.23卯月将
225度立冬(10月節)11.07
240度小雪(10月中)11.22射手寅月将
255度大雪(11月節)12.07
270度冬至(11月中)12.22山羊丑月将
285度小寒(12月節) 1.06
300度大寒(12月中) 1.20水瓶子月将

中国人と日本人はこの「節気」の方で月を区切りましたが、メソポタミアの民は「中気」の方で月を区切りました。これが西洋占星術の「魚座」「牡羊座」などと呼ばれている区分です。

(1997/03/07)
(1999.04.25)
(2021.12.31 表組改訂)