←↑→ 週休2日制について
質問:今では普通になった週休2日制、いつ頃から普及したのでしょうか?

回答:−

欧米では戦後間もない頃までに一般化したようですが、日本ではだいたい1980年代
以降で、ほぼ一般化したのは2000年前後ではないかと思われます。

【欧米での週休2日制】
先鞭を付けたのは1926年のフォードで、それまでだいたい一週間に1日休む週48時間
労働が一般的であったところに2日休む週40時間労働を導入しました。この背景には
当時の不況があり、できるだけ人員削減せずに生産ペースを落としたいという事情が
ありましたが、この制度によって労働者の自由時間が増えて、結果的に消費増に結び
付くのでは?として注目され、少しずつ同様の制度を真似る企業が出てきました。

また、一部の企業では少しずつ力を付けてきた労働者側と企業側との賃金交渉の中で
賃金を上げる代わりに労働時間を短縮するという方向での妥協も図られ、これも週休
2日制を広げる要因ともなりました。

この制度はだいたい1950年代頃までに欧米で一般化しましたが、日本では松下産業
など一部の大企業が導入したほかは、当時はあまり普及しませんでした。

【低成長時代の産物】
日本では1970年代半ば頃までは、戦後の高度経済成長期とその余熱とで、とにかく
たくさん働くのが良いことだとする意識が、企業側にも労働者側にも高く、週休2日制
はあまり検討されてきませんでしたが、オイルショック以降企業側の事情が変わって
きました。

経済成長率が伸び悩み、物が作るほど売れる時代ではなくなり、企業はそれ以前ほど
労働者に仕事を与えられなくなります。それとともに「働き過ぎ日本」への外圧の
強まりもあって、1980年代になると大企業を中心に週休2日制が広く採用されるよう
になり、その大企業と付き合う中小企業も「うちも立派な会社です」と取引先に
アピールするため、多少無理しても、形だけでも週休2日制を取り入れるに至ります。
(実際には土日にも「サービス残業」をさせることで不足する生産力を補っていた)

公立学校でも1992年度から毎月第2土曜が休日となり、1995年度からは第4土曜も休日
となりました。この時期、バスの時刻表では「学校休日の日は運休」という便が設定
されたりしていました。公立学校では2002年度から全ての土曜日が休日となりました
が、私立学校の一部では現在でも土曜日に授業を行っている所もあります。

公務員の場合は1992年に完全週休2日制が実施されています。

銀行は1983年8月から1989年1月まで、第2土曜日が休み(その他の土曜は半ドン)で
したが1989年2月からは土曜日が全て窓口休業となりました。

現在民間企業でも多くの企業が週休2日制を導入していますが、中にはまだまだ
休日の少ないところもあります。求職票などの記載は独特なので、気を付けたい
ものです。

「週休2日制」少なくとも1週は週休2日の週があるということ。
  極端な話、月の内1度だけ土休があるような場合も含まれる。

「完全週休2日制」毎週、週に2日休みがあるということ。
  企業によっては祝日のある週は土曜日が出勤日になる所もある。

「完全週休2日制土日休み」祝日のあるなしに関わらず土日は休みということ。


←↑→

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから