←↑→ 丙午について
質問:丙午(ひのえうま)の年に女の子を産むとよくないと聞いたのですが、
   2002年は丙午でしょうか?

回答:−

まず2002年は午(うま)年ではありますが、丙午(ひのえうま)ではなく壬午
(みずのえうま)です。

年の十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)は12年周期で循環しますが、同様
に年の十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)も10年周期で循環しています。そのため
同じ干支(えと)の年は、10と12の最小公倍数で60年に一度巡ってきます。
そのため61歳のことを同じ干支に戻るということで「還暦」と言う訳です。

さて、問題の丙午ですが、明治39年(1906)・昭和41年(1966)が丙午でした。
これらの年にこの「丙午の女の子は良くない」という俗信がはびこり、子供
を産むのを避けた夫婦が多かったため、大幅に出生率が下がるという事態が
起きています。(翌年は逆に跳ね上がる)

しかし、はっきりいってこれはただの俗信であり、まともな占い師なら
99.99%の人が「そんな馬鹿なことはない」といいます。

もし同様のことが次の丙午の2026年にも起きたりしたら、その頃は男女の
生み分けがかなり確実に出来るようになっているでしょうから、男の子ばか
りが産まれるなどという異常事態を引き起こしかねません。このような馬鹿
な俗信はきちんと追放したいものです。

なぜ丙午に女の子が良くないといわれるようになったかについては五行の
立場から説明がされています。

丙(ひのえ)は漢字で書けば「火の兄」で五行の火行に属します。
午(うま)もやはり五行では火行に属しています。十干十二支の五行の配布
は次の通りです。

 水 亥子
 土    丑
 木 寅卯
 土    辰
 火 巳午
 土    未
 金 申酉
 土    戌
 
 木 甲乙
 火 丙丁
 土 戊己
 金 庚辛
 水 壬癸

十干と十二支を組み合わせた時、どちらも火行に属すのは実は丙午と丁巳だけ
です。

   0甲子  1乙丑  2丙寅  3丁卯  4戊辰  5己巳  6庚午  7辛未  8壬申  9癸酉
  10甲戌 11乙亥 12丙子 13丁丑 14戊寅 15己卯 16庚辰 17辛巳 18壬午 19癸未
  20甲申 21乙酉 22丙戌 23丁亥 24戊子 25己丑 26庚寅 27辛卯 28壬辰 29癸巳
  30甲午 31乙未 32丙申 33丁酉 34戊戌 35己亥 36庚子 37辛丑 38壬寅 39癸卯
  40甲辰 41乙巳 42丙午 43丁未 44戊申 45己酉 46庚戌 47辛亥 48壬子 49癸丑
  50甲寅 51乙卯 52丙辰 53丁巳 54戊午 55己未 56庚申 57辛酉 58壬戌 59癸亥

しかし、丁巳のほうは丁(ひのと,火の弟)ですから、そんなに強くありません。
つまり丙午というのは60個ある干支の中で、最もエネルギーが盛んな干支である
わけです。

ですから本当は子供を産むのにもとてもいい年なのですが「女の子でそんなに
強いのはよくないのではないか」という話から、それを忌避しようという動き
が出たわけです。

また、八百屋お七が丙午の生まれだったという俗説がありますが、私の研究では
彼女は戊申の生まれです。


←↑→

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから