六曜(大安・仏滅等)って意味があるの?

↑
質問:六曜(大安・仏滅等)って意味があるんでしょうか?
回答:− 六曜については、暦研究家の間で定着している説としては江戸時代 頃まではあまり注目されていなかったのが、明治の新暦移行と、そ れに伴う民間暦の禁止通達以降に関心をもたれるようになった、と いうことです。

意味があるのか?とあらたまって聞かれれば意味がない、としか答 えようがないのですが、目くじら立てて廃止を叫ぶほど大したもの でもないという気がします。

人というのは将来のことというのが分かりませんから、なにかしら ちょっとしたことに「前兆」とか「縁起」とかを感じて、心の安ら ぎを得ようとします。それがたまたま、結婚式の朝に白い鳥が羽ば たくのを見た、ということであってもいいですし、今日は大安だか ら安心、というのでもいいでしょう。

それは一種素朴な信仰のようなものであって、大安だから安心、と 言っているカップルに向かって「そんなもの意味がないぞ」と力説 するのも大人げないですし、仏滅だから式場が安くていいわ、など といっているカップルに「そんな縁起が悪いじゃない」というのも 少し違っているように思います。

宗教の自由があるのと同様に、このような素朴な信仰も各自の自由 なのではないでしょうか。

どっちみち、こういうものには、はやりすたりがあります。六曜で 結婚式や葬式の日取りを決めたり動かしたりすることが200年も300 年も先まで続くとは思えません。またその内、何か新たなものが 出てくるのではないでしょうか。江戸時代は六曜ではなく十二直を 気にする人が多かったそうですし。


(1999-02-25)

↑

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから